基本的に怠Diary(跡地)

移転しました->https://diyopt.net

有言実行

移行しました。

しかしながら予想し得なかったことがいくつかありました。

ロリポップ、優しすぎる

SSLの設定とか普通にやってくれました。

Wordpressのいんすこもやってくれました。

アホには最低限の権限しか与えない

そらそうよ。

おかげでEmacsのビルドすらできません。

はあ・・・。というわけで以下がサイトのURLです。

作業員ナレッジ – プログラマになれなかった作業員

これからやりたいこと

一生技術を追いかけて生きていきたい。

後何年暇になるかわかりませんが、いずれお金は尽きるのでなんとかしたいと思っていました。

とりあえずアフィリエイト始めたい。Webサイト運営とかHTTPS構築とかとてもよい経験になりそう。

アドセンスとかの登録も楽しそうだし何より毎日興味のある技術を楽しく記事にしていくだけでお金もらえてそれだけで生活できるのって

実現不可能なの除くととても素敵な生活だと思います。

僕はもう人間とは仕事できないと思います。

これからの人生では人間と極力かかわらないように生きていく手段の模索になります。

稼ぎはサーバ台以上になればいいレベルだと思いますが、それでもやらずに死んだり、

それこそやりたいことに挑戦さえもせず、タイムリーで不謹慎ですが、

殺人事件起こして被害者遺族に恨まれたりしながら牢屋にぶちこまれるより

我が人生に悔いなしって感じでやりたいことやり終えて

死にたいと思いました。

ちょっとまって・・・? RMeCabが入ってないやん!【 rocker/hadleyverse】

RMeCabが使いたかったの。

大元のOSはDebianみたいなのでaptでmecabに必要なものパパパっといれて、

あ、以下Dockerfileだよ。

from rocker/hadleyverse

RUN apt-get update -y && \
    apt-get install -y  --no-install-recommends \
        mecab \
        libmecab-dev \
        mecab-ipadic-utf8

あとは仮面ライダービルドして終わり。

それだけだったので特にぎっはぶとかにはあげてないです。もっと複雑になったら上げて評価点稼ぎたさ。

2chに僕のほしい情報はなかった。

お金がそろそろないんで技術書の購入はやめます。

新たな情報ソースが必要だと思ったので2chを探してみよう。昔はここでOSを作った人もいるらしいし

いけるのではないのだろうか。そんなことはなかった。

期待した俺が悪い。

読書でもするかな。

いや、仕事探してね。

raspberry piによるクラスタリングに失敗した。

は?

入門kubernetesの通りに実行

使いなれていないpirateを使っていんすこいんすこ

-> kdm initで失敗

じゃあArch Linuxだ!

github.com

良さそうなサイト見つけたしいけるんでね。

-> 同じところで失敗。

ならば俺はraspbianでいかせてもらう

同じところで止まった。根本的にやり方が糞なのが証明されたので本腰いれて調べてみる(最初からそうしろカス)

swapのエラーは

swapoff -a

で消える。

kubeletのエラーはいんすこするバージョンを固定することで消えた。

qiita.com

ここのやり方でdocker-ceを入れた。

が、kubeletのエラーは消えなかったので、更に調べてみると

gist.github.com

このサイトに行き着いた(OShypriotだけど)

ここの中の以下の行

curl -s https://packages.cloud.google.com/apt/doc/apt-key.gpg | sudo apt-key add - && \
echo "deb http://apt.kubernetes.io/ kubernetes-xenial main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/kubernetes.list && \
sudo apt-get update -q && \
sudo apt-get install -qy kubeadm=1.10.2-00 kubectl=1.10.2-00 kubelet=1.10.2-00

ここを利用させていただきました。

何がだめだったのか

masterでkubectl get nodesすると

The connection to the server localhost:8080 was refused - did you specify the right host or port?

と出力される。もちろんブラウザで見てもアク拒。

iptablesとか開けたりしたけど変わらず。ぐぐってみるといろいろ対応策がありましたが、

特に進展はなく・・・

振り出しに戻った次第です。失敗したのでローカルではなくこちらに残すことにしました。糞が

Re:技術書について

mintblog.hatenablog.com

インデックス貼るためだけに本買ってるのはよくないけど結果的にそうなってしまった。

仕方ないよね。

ねえよ。

結果的にその中途半端な知識が情けない方の技術マウントになるんだ。

断言しよう。

中途半端な知識をつけるのは罪である。

僕は日々犯罪者と認識して生きています。

罪を洗うために学習を続けている。

これはある意味信仰に近いかもしれない。

これは他人もある程度守るべき真理でも良いのではと思っています。

一見学習したくない人が多すぎるように見えているだけで実際は学習の連続である。

前いた業界で生きてるらしい意識高い人々曰く「この業界、技術に興味ない人間が多すぎる」と言われておりますが、

学習してないわけではないように見えます。実際に飲み会や集まってイベントを開催するといったことも多いです。

僕は少し前までこいつら怠惰だなと思っていました。

しかし離れてから気が付きましたが、彼らの方が勤勉で、私のほうが怠惰でした。

なぜなら、あの業界の僕のいた層はいわゆるIT的技術よりもコミュニケーション的技術の方が圧倒的に重要だからです。

他の業界もきっとそうでしょう。私はこれまで技術力でカバーできるものだと錯覚していましたが、そんなことはありませんでした。

低学歴エンジニアは諦めるしかないのか

くっっっっっそ優秀で意欲もあるなら技術で語れる層に入れるかも知れません。私できなかったので知りませんが。

私の結論は諦めるでした。

あくまで4年間技術書のみで孤軍奮闘した結論です。

まとめ

大卒未満の頭の悪い人間が

4年間技術書をかじる程度では

技術者になることはできない

そもそもまともに努力できる人間は大学に入るのです。そうでなかったとしてもコミュニケーションは取れるように努力するのです。

大学にも入れない、コミュニケーションもまともに取れない。

そんな人間はカスです。クズでもゴミでも呼び方はどれでもよいです。

それらを理解した上で今後身の振り方を考えるべきだと思いました。

今後自分はどうするか

それでも技術書を読むのはやめません。

賢くなくても楽しいから続けます。アホだと理解した上で続けます。

人間と話すのが苦痛で、一緒の空間にいるだけでも頭が痛くなります。

でも技術書を進めたり、人の書いた技術的な記事見たりして、人の作ったツールを試したりするのが好きです。

あなたは嫌いだけどお前の作ったツールやソースはみたい。悪意とかないんですよホントデスヨー

正直再就職できる気がしない。

無能は努力で治せない

無能は社会から死ねと言われているんです。

さて、どうするか。

  1. 迷惑にならないように、死ぬ。

  2. 努力していつか無能を脱するように頑張る。

  3. そもそも無能にならないように学生時代から努力する。

常識的にはこの3択

正解は3なのは考えるまでもありません。

他は何がだめなのでしょうか。

1

なんで他人のために死ぬ必要があるの??????

クロスアンジュの主人公みたいにお前がしねえええええええええええええええええええとでも叫びながら他人の足を引っ張って人生生き延びるところから始めましょう。

迷惑を考えて生きることができるのは贅沢です。余裕があるときだけそうしましょう。

2

アホか。今までそれができなかったからそうなってるんだろ。

今から始めて続くのは本当に強い人です。

落ちるとこまで落ちたクソ雑魚メンタル君にそんな努力できるわけないだろwwwww

4

そもそも3択と言われてルール守る必要ってあるのだろうか。

人生でそんなことはないですよ。

ルールを守ることにより、メリットが発生するから守るんですよ。法律だって憲法だってそうだ。

一人一人が守ることによってリスクが回避される(全員守っていたらの話)し、

逆に守らないと損することもあるので、法を犯さないことに越したことがないから仕方なく守っているのだ。

一部例外はあるけど(殺人とかは倫理以前に危険人物として晒し上げられるリスクがあるのでやるべきではない)。

わからなくなったら、ボトムアップで考え直してみることだ。

人生にソースコードなんてないけど、それでも基本的に概念とかは言語化できるはずです。

それをしっかりと形にしていって、一つずつ考えたりすると

新たな発見があり、もしかしたらその先生きやすくなるかもしれない。

「なぜ生きているのか」から少しずつ上へ上へと上がっていくと、

生きる上での基礎がしっかりしてくるのでおすめです。


途中から日本語が何やらおかしいが、体調が悪いのでもう寝る。