基本的に怠Diary

学習ログを残したい

ことしのぼく

俺は成長している。

二年前はNode.jsすら知らなかったうんこまんだった。

今ではNode.jsで開発が・・・できない(絶望

二年前よりは広く浅く知識が増えた感。

そして今年になって少し経ったので見直しをしてみる。

4月

仕事

新しい環境へと突入。入る前から気がついていたが最高に辛い環境であった。

しかし人間とのコミュニケーションが辛い僕にはちょうどいいのかもしれないと思ったそのときは。

ちなみに開発など全くしない。

入って早くも3回ほどやらかした。ここからとっとと解雇されてブラックでもいいから開発にいきたいと思い始めた。

いやダメだろ。何考えてんだ。ホワイト開発職場でホワイト開発して休日も平日も技術を高めたい。

趣味

  1. エディタ選択

そろそろ開発環境を統一したいと思ったのでエディタ選択を始める。

Vimの方が効率いいんだろうなと考えながらも面白そうという理由だけでEmacsを選択。

  1. 今年の言語

今年は何の言語やろうかなとか考えてた。

色々考えて、Lisp系を始めることにした。

5月

仕事

人間みんな○ね。皆さんとってもフレンドリーで優しくて毎日の仕事が楽しいです。

趣味

Slack通知系がお手軽で楽しそうだなーと気がついたのでLispを使ってそれっぽいものを作り始める。

が全然進まない。一年前以上にペースが落ちてる。

読書の時間を増やした。

6月

拷問

やめたい

趣味

何も進まない。読書も全然頭に入らないことに最後あたりで気がつく。技術書読んでるなの最高に意味なかった。

7月

贖罪

世界で一番僕が無能だと気がつく。

趣味がとても楽しい。でも才能ないくせに妙にイキってて、

しかも僕はこれまでクソみたいなことして他人に沢山迷惑かけてきたから罪を償っていることに気がついた。

この仕事は潰れるまで頑張ろう。

なーんて言うとでも思ったかカス。俺の趣味にまで口出ししてくんな。

来年も同じ職場ならやめることを決意。

趣味

気が楽になった。

もう何も怖くない。


今から何かでっかいことするぞ!っつって何かしても恐らくほとんど何も変わらない。

でも今よりよくなるかもしれないのであるならばそうしよう。

失敗しまくって追い詰められたら死のう。

日本に誇りも希望もないのでその時は興味のない人間に迷惑かけまくってやるから感謝しろ。

目標

嘘っぱちの書くことを制限され、強制された糞目標は放っといて

「エンジニアのための時間管理術」を見つつ、目標を定め直した。

今年中の目標としてブログシステムを作ることにした。

あれれ〜やきうはどうちたの?

去年のGoの目標はどうちたんですか〜〜^〜〜〜〜?

痛いところを突いてくる。

野球は飽きたから無し!(ドン)

Goはやらないといけない。

あの言語には再び力を入れる必要があると思っている。

記事を読み直そう・・・


そういえば僕の読書はほぼうんこしか生まれていなかった

読書についても現在やり方が糞なので再検討中。

少なくとも僕は技術書は読むだけでは確実に駄目。かと言って実践できないものもあるので

そこをどうしていくかは今後調べていかなくてはならない。

ので今から調べる。

「技術書 進め方」

でググっても良いのが全然でてこない。

お前らどうやって身につけてんだよ・・・。

地道にサンプルコードコピペして動かしてわーいして

レベルアーップでマイティマイティアクションXしてるのかよ。

サンプルコード動かしても、何がどうなってるのかわからなくて調べてるうちにどんどん時間潰れていって

そこからさらに汗阿瀬焦りが生じて生じて生じて生じて庄司

僕の人生の結論:急がば回れよカス

後休日やる気ないときに頑張って勉強するのわりと無意味だけど焦ってるのかなんかPC触ってそれっぽいことしてしまう

かなり悪臭(それは部屋の臭い)悪習なのでやめたい。

な〜〜〜〜んにもやる気ないときはゲームやる!

Elonaでもエロゲでもいいので辛くないことをやる。

ただしどれも30分単位だ。

その度に僕にやる気について問合せて、やる気がでたらやる。

今はそれくらいの対策でいいかな。

とりあえず、転職しようにも技術と経験がないので、

まずはギッハブ埋める程度の最低限は行う必要があると思う今日この頃でした。

MacにAnsibleをインストール

気をつけろ・・・MacにAnsibleをインストールするときは・・・素直に

brew install ansible

を使うんだ・・・。

Ansible徹底入門の通りに行ったら死ぬなどした。

opensslv.h辺りでエラー吐いて終わった。

特に調べても事例がなかったから諦めてhomebrew使うなどした。

とりあえず、Macはhomebrew使っとけ思考でいい。

気がする。

マクロ童貞

えーまじマクロ未使用?

マクロ未使用が許されるのは小学生までだよね。


話をしよう。

あれは今から数日前、Todoリストでも作ってやろうとか思ってた時の話でした。

私はいつものようにcl-dbiでDB処理を書いていました。

(defun update-task (id title contents priority)
  (let* ((query
          (dbi:prepare *db*
                       "update set title = ?,contents = ?,priority = ? where id = ?"))
         (result (dbi:execute query title contents priority id)))))

いつもの糞コード。

流石に三ヶ月以上Lispを触ってくると無駄にプライドがついてくるものです(残念ながら実力は…)

ここでふと、「マクロがすごい」とLisperはイカれたloopマクロのように繰り返していたことを思い出したので

私もなんとなくマクロを触ってみることにした。

SQL文はともかく、引数は可変的に処理したい。

引数をリストでまとめて渡せると良いのだが、

残念ながらそんなことできないようだ(もしかしたら、調べ方が足りなかったのかもしれない。)

一個ずつ調整するの面倒くさい・・・。

(defvar db-path "./todo.sqlite3")

(defvar *db*
    (dbi:connect :sqlite3
                 :database-name db-path))

(defmacro update-sql (sql &body body)
  `(dbi:execute (dbi:prepare ,*db* ,sql) ,@body))

;;利用例
(update-sql "insert into todo(title,contents,priority) values(?,?,?)"
            "update-sql-test" "test" 2)

それで試しに作ってみたのがこのupdate-sql

たった一行で簡単に抽象化できるとは思いませんでした。

ハッカー向けとはなるほどとなりました。私は使いこなせるまで何年費やせばよいのやら。

On Lispしっかり読んでもう少しまともに使えるようにしないと

クソ無能が速攻で淘汰されて悲しくなるおはなし

最近NEWGAME!見てると心が痛くなります。

青葉ちゃん優秀だね。先輩もいい人ばっかだね。

もともと大したアウトプットしてないけど、今はさらに下がってる。

あはっははっははは。


技術的な記事を数ヶ月ほど書いてないクソプログラマのクソブログは滅ぶとよい。

お前に社会を、会社を、勉強していない社員を罵る価値はない

お前もそれと同じ程度に等しいのだ。

何もアウトプットしてないお前は外から見ればそれと同じ。

ましてやお前にとってクソ無能でクソ制度満載のその場所に居座り続けてる時点でさらにそれは正しさを増している。

結果をだせ。

それがダメなら死んだほうがいい。

せめてLand of Lisp終えて、さっさとやめてね。

ここ最近いそがしくて記事書いてないわーこ

ろすぞ

精神的に追い詰められているのでとうとう暴言を利用します。

そろそろ淘汰されそうなので淘汰された後は死ぬか、

なんか国が助けてくれるならプログラミングでもして一生を終える予定です。

もう会話したくない。

疲れた

そろそろ技術(笑)の記事書きたいです。

もっとのんびりと作りたいのに時間がない。

嘘。

多分やる気がない。

数年前からそうだ。

  1. なんか作りたいと思って

  2. 軽く見積もって

  3. 実際にやってみたら面倒くさいと感じて

  4. 微妙な出来で止めてあたかも達成したように振る舞って言い訳して

繰り返す

それに飽きたんだと思う。


そういえばはてなの匿名のアレに

AIに仕事させて働きたい人間は働けばいいし、

そうでない人間は働かずに他のことする社会になれみたいなの

書いてあったの見かけましたが、

私もあれには賛成ですね。現実的か否かはさておき

もし許されるなら、現実世界で人と最小限の関わりあいのみで、

私が決めた自転車の距離ノルマを毎日達成し、

それ以外はプログラミングへと時間を費やす。

まさに理想的な生き方です。

AIだろうが私が貴族になろうがなんでもいいのでこの夢を叶えたい。

だから生きている。だから仕事をしている。

私は仕事が嫌いです。特に人と関わる部分が嫌いです。

人に迷惑かけて申し訳なく生きることが何より辛いです。

ほっといて欲しい。でもそうはいかない。

私は彼らに助けられて生きている。

それが嫌なら無人島生活でもしろという話です。無理です。

助けられているのに助けずに、しかもそれ以外は関わりたくないとは

なんとも傲慢な意見だろうと5年ほど前から知ってて、やはり苦しんでいます。

しかし苦しい。

私はあなた達人間と関わるのが苦しい。

だから私のこの願いはなんとしても叶えなければならない。

社会が実現してくれるなら良いのですが、恐らく私が生きてるうちには実現しないでしょう。

だったら別の道で叶えるしかないです。

だけどどこか不可能だと決めつけているので何も行動していない。

漠然とプログラミングしているだけで楽しむついでに

なんとかなるんじゃないかとか考えてる時点でお察しです。

私の実力は「プログラマ」と名乗る方々すべてに負けている。

名乗っていない人間でさえ楽観的に見て9割近くは負けている。

かなり低い位置にいるので、私にできることは当然彼らにもできる。

そして彼らはそれ以上の品質・速度・規模のサービスを世の中へと送り出していく

きがつけばそれをただ眺めているだけとなっている。

仕事もできない。趣味も底辺レベル。

気が滅入る。

尊敬できる人

職場にいる。

分野は違っても仕事はもちろん趣味にも応用してます。

コミュ障で距離感とかよくわからないのであとになって

うわあれホモ臭かったなとか思い返すことたまにあるので気をつけていきたいです。

私は自分大好き好き好きマンなので基本的に失敗を正しく受け止めることができませんが、

そんな私でも失敗だとはっきり認識している出来事があります。

学生時代私よりそれはもう優秀な後輩がおりました。

その時私は悔しさを感じました。負けまいと努力(笑)しました。

しかし負けないという気持ちが先走ってしまい、負の感情を彼にぶつけてしまいました。 実はそれ以外の要因もありましたがそれでも私が悪い

彼とはそこそこの仲でしたが、そこから最悪の中になりましたとさ。

本当なら私はそこで教えを積極的に乞うべきでした。

少なくとも、私はその間違いだけは二度と犯したくないと思っています。

今の職場、仕事自体はそこまで好きでもないですが、

スキルの宝庫なので鬱にならない程度に今後も頑張る予定です。


Lispの記事全然できてない(´・ω・`)